ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

冷暖房と冷え性の関係

夏場の冷房、冬場の暖房も冷え性の原因になりかねません。
まず、夏の冷房です。

会社やデパートを始め、あらゆる商業施設でエアコンやクーラーの
冷房はしっかり効いています。
最近は、地球温暖化ということで、設定温度28度を推奨していますが
それでも冷房が効きすぎているところも多く
逆に寒いくらいのところもあります。

本来夏は、たくさん汗をかく季節です。
汗をかかない、冷房が効きすぎている場所は
やっぱり体にはよくありません。
汗をかかないと、新陳代謝が低下しますから。

また最近は、美白ブーム。
太陽光線を浴びない女性も多いようです。
太陽光線は紫外線もありますし、浴びすぎることも良くありません。
でも、全く浴びないというのも、体の免疫力が低下の恐れがあり
体を温める能力も同時に低下してしまう可能性もあります。


次に冬の暖房。
冬の暖房も、効き過ぎは良くありません。
やっぱり適度というものが必要です。

人は、本来持っている機能に、体温調整機能があります。
季節や温度に対応して、体内温度を調節する機能です。
でも、いくら寒いからといって、ガンガンに暖房をかけていると
神経機能が鈍ってしまいます。
すると、脳に冷たさや寒さなどの情報が
うまく伝えられなくなります。

このいう環境に慣れてしまうと、いざという時
自律神経がうまく機能しなくなります。
体を温めるための血液を、送り込めなくなったりするのです。

冷えた体を温めるのが暖房。
その暖房で、本来持っている機能を弱めてしまう可能性もあるので
注意したいです。

だから、暖房に頼り切らず、体を温めたい時には
体を動かしてみるのもいいですよね。
体を動かすと、体の中のエネルギーが燃やされてポカポカしてきます。

筋肉を使えば、基礎代謝もアップ。
冷え性対策に効果的です。

リンク