ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

締め付ける服が、冷え性の原因?

冷え性に苦しんでいる女性はたくさんいます。
女性に冷え性の人が多いのは、女性ホルモンや無理なダイエットが
深く関係しています。

それ以外にも、女性に冷え症が多い原因として
ファッションがあげられます。
女性のファッションと冷え性は関係しているのです。

女性のファッションは多種多様。
傾向として、機能性よりもファッション重視ですよね。

北風のピューピュー吹く寒い日でも、ミニスカートで
街を颯爽と闊歩していたりして、露出の多い服を着ている人も多いです。

ミニスカートにロングブーツは、とってもキュートで可愛く
女性らしさが表現されていて、素敵なのは確かです。

でも・・・
さすがに、寒い日には、寒い日なりの格好をしておかないと
冷え性の原因になってしまいます。

あと、寒い日に露出が多い洋服を着ること以外にも
女性のファッションが、冷え性の原因になっていると考えられるのが
ぴったりとした洋服です。
それに、ガードルなどの体を締め付ける下着も冷え性の原因と考えられます。

体にぴったりと密着していれば、外気が入ってくることなく
保温効果が高そう?そう考えている人も多いと思います。
でも、締め付けのきつい服を着るのは、冷え性にとっては逆効果です。

体を締め付けられ、血液の循環が悪くなりますからね。
その血流の悪さが、冷え性の原因となります。

ハイヒールや足に圧迫する靴も同様です。
体を締め付ける服と、緩めの服を着ている場合では
体温の上昇に違いがある、そういう報告もあります。

冷え性の改善を目指すなら、体を締めつけるガードルなどは避け
保温性のあるゆったりした服を選びたいですね。


冷える部位は、主に体の中心部や下半身ですから
お腹や下半身を重点的に温めた方が効果的です。

上半身に厚手のコートを羽織るより、まずは下半身。
靴下やタイツ、腹巻を使って冷え対策をしましょう。

リンク