ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

お風呂にみかんやレモンで保温効果

入浴は、体を温めるのに効果的です。
冷え性の改善を目的とするなら、38~40℃のぬるめのお風呂に
15分以上は、入りたいところですね。

お風呂の中でリラックスするためも、保温効果を高めるためにも
入浴剤は使いたいところですが
別に入浴剤でなくても、みかんやレモンなどの柑橘類の皮だとか
大根の葉っぱを入れれば、体の保温効果を高めてくれますよ。

ただ、使用時はよく乾燥させ、ガーゼ袋に入れて使ってください。
出来れば無農薬のものがベスト。

あと、お酒やお酢をお風呂に入れるのもいいです。
お風呂の中で、料理するわけではないのですが
煮物の気持ちがわかる?(笑)

お酒やお酢は、毛穴の中につまっている脂肪、老廃物を
出してくれる作用があります。
普通のお風呂であれば、500mlくらいが適量。

500mlといえば、料理に使うとしたら結構な量です。
贅沢といえば、贅沢ですね。
お酒を入れるのであれば、未成年の方はもちろんダメですし
お酒の弱い方も止めておいた方がいいです。

それから、バブのような炭酸ガス系の入浴剤も温浴効果が高くなって
血液の循環が良くなります。
湯冷めしにくいってことですね。

お風呂の入り方ですが、肩までつからないように入りましょう。
寒い冬は、肩までしっかり浸かって、体全体を温めたいところですが
体全体を温めると、先に上半身が温まってしまいます。

体のエネルギーである「気」は、下から上へと上がります。
上に上がると下に下がることはありませんからね。

体の冷えを最も感じやすい部分は、足先。
ですよね?
だから、入浴時は、下半身を中心に温めるのがいいです。

風呂上がりは、体を冷やさないこと。
すぐ、靴下など履いて、下半身の体温を下げないようにね。

リンク