ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

足湯で体もぽっかぽか

冷え性改善には、ぬるめのお風呂にゆっくり入る半身浴が効果的です。
もっと簡単に「足湯」で体を温める方法もあります。

温泉地など行けば、サービスに足湯を設置したりしていますが
自宅でも手軽に出来るのがいいですね。

足湯は、足だけをお湯につけ、足を温める入浴法です。
足からジワジワと体全体が温まってきます。

冷え症だけなく、足のむくみや疲れ解消にも効果的です。
そのうえリラックスできますから、ストレス解消にもいいですよね。

それに足をお湯につけているだけなんで、テレビを見たり
音楽を聴いたり、読書に耽ったりとそれほど拘束されることなく
好きなことができます。

風邪をひいた時ときなど、お風呂に入れない時でも
足湯なら入れるんじゃあないでしょうか。

お風呂に入らなくても、お風呂に入ったような
温浴の効果が期待できますしね。
その時に、足だけではなく、手もお湯につけ温めれば
さらに体が温まりますよ。

別に足湯じゃなくても、こたつやストーブでもいいんじゃないの?
そう思う人もいるでしょう。

でも、全然その効果は違うんですね。
こたつやストーブと足湯では。

どこが違うかってことですが、こたつやストーブで温めた場合は
皮膚の表面だけが熱くなるだけです。
だから、すぐに冷たくなってしまいます。
体の芯まで温めるには、やっぱり温かいお湯が一番なのです。

冷え性がひどいという人は、足湯を開始前に
ふくらはぎをしっかりマッサージして、足先の血行を良くしておきましょう。

足湯時間は、最低でも10分。
汗ばんでくるまでじっくり浸かることが大切。

使用するのは、洗面器などを使いますが
足湯専用のこんなバケツも売られています。


もう少し高いのになれば、加熱・保温機能装備のホットフットバスもあります。

足湯は時間がたてば、お湯がぬるくなって、お湯を継ぎ足すのが結構なんどうなので
保温機能があるのは、ありがたいですね。


リンク