ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

足湯の代わりにスチームフットスパ

お風呂に入らなくても、手軽にできる足湯ですが
具体的にどうやってやればいいの?
そう疑問に思われている人もいると思います。
そこで、効果的な足湯の方法をご説明します。

まず、足湯に入るに際してご用意していただきたいのが
バケツ、イス、タオル。
あと、床を濡らさないようにする敷物。
お湯を継ぎ足すためのポット、もしくはやかんが必要です。

それから、お湯の温度を測る温度計もあると便利。
ぬるくなりすぎても効果が落ちるので、温度が下がった時に
お湯を継ぎ足す必要がありますから。
入浴剤を入れるのもアリですね。

次に、バケツに40℃前後のお湯を入れます。
入れるお湯の量は、ふくらはぎの真ん中くらいまで。

そこに足を最低でも10分はつけておきたいですね。
時間がたつと,、どうしてもお湯の温度が下がってきますから
お湯を足しながら、40℃前後を保ちましょう。

浸けている足の指や足首を動かすと、血液の循環がよくなります。
バケツによっては小さくて、動かしにくいケースもあると思いますが
動かせる範囲でやってみてくださいね。

さて、足湯の時間が終わったら、足はしっかりと水分を拭き取ってください。
その後、靴下を履いてしっかり保温しておきましょう。
就寝前に足湯をやって、終わればそのまま布団へ。
そういうのもいいですね。

足湯の方法を説明しましたが、温度を管理したり、継ぎ湯をしたり
床に飛び散ったお湯を掃除したり、ちょっとめんどくさそう。
そう感じた人もいると思います。

フットバスというのもあるのですが
最近では、お湯を使わない遠赤外線とスチームを使った
パナソニックのスチームフットスパなんていうのも売れているようです。

お湯を使わないので、後始末が楽。
スチームフットスパは、パナソニックが出しているものですから
まあ、安心して使えますしね。

使われてみるのもいいかもです。

リンク