ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

冷え性対策

冷え性に効果的な対策とは?

体を柔らかくすると冷え症がましになる

年々、加齢とともに身体は固くなっていきますよね。 屈みにくくなったり、靴下を履くのもつらくなったり。 体が固くなるのは、仕方ない部分ではありますが 柔らかくなるもものなら、柔らかいほうがいいですよね。 血行が良くなって、冷えにもいいみたいだし。 ただ何をどうしたら、身体が軟らかくなるのか 身体が軟らかくなる方法がわかりませんよね。 身体が軟らかくなる方法、こんなDVDがあるみたいです。...

寒波襲来で、とっても寒いですから

最近の天気は、変動が激しくて 体調管理が難しいと思います。 気をつけましょうね。 先日も夏に戻ったんじゃないかと思うぐらいの暑さ。 それが、1夜にしてこの寒さですから いったいどうなっているのでしょうね。 冷え症も方は、冷え性対策もしっかりしてくださいね。 あと、風邪にも注意が必要ですし 何よりインフルエンザが怖いですから 合わせて防御策をとっていきましょう。...

冷え性の人は寝つきが悪い?

冷え性と睡眠。 実は深く関係しています。 人間の体温は、朝の起床前が最も低く、 その後、時間とともに上昇。 夜になると、今度は体温が下がってきて、眠くなるというサイクルです。 何故?夜になると体温が下がるのか? 人間は、体温を下げることによって、基礎代謝を抑え 脳を休ませているのです。 でも、冷え性の人は、うまく体温を下げれません。 何故かというと、体温を下げる仕組みと関係してきます。 体温を下げ...

電気毛布と湯たんぽ、どちらがいい?

寒い冬は、冷え性の人にとって辛い季節です。 冷たい布団では、眠れない。 そういう冷え性の人は、多いと思います。 その寒さを和らげるために、電気毛布を使う人も多いでしょう。 でも、電気毛布は使い方を誤ると健康によくないケースもあります。 もし、今現在、電気毛布を使っておられて、こういった症状はありませんか? 朝、目覚めたとき、熟睡した感じがしない、とか。 なんだか体がだるい、とか。 私たちの体は、就...

冷え性の方には、38~40℃のぬるめのお風呂

冷え性を改善にい風呂はいいですよ。リラックス効果もあるし、体だけでなく心もあったまります。 でも、シャワー派の人も多いですよね。バスタブに浸からずに、シャワーで済ませる人。冷え性改善には、やはりバスタブに浸かるのが効果的です。 シャワーも悪いわけではありません。水圧をかけるとマッサージ効果もありますからね。ですが、いかんせん体を温める効果は期待できません。 特に、寒い冬。バスタブに浸かって、体の芯...

風呂上りの冷え対策にマフラー、スカーフ

冬は、当たり前ですが、寒いので冷え性で悩んでいる人にとっては辛い季節です。 その寒さを予防するため、冷えを解消するために温かい洋服選びが大事になってきます。 見た目のおしゃれもとっても大切なことですが、やっぱり機能も重視しないと、冷え性は改善されません。 洋服もそうなのですが、洋服の下に着るシャツにも気を配りたいですね。洋服の下には、保湿効果のあるシャツを着て、重ね着すれば当然、保湿効果もアップし...

冷えには、上半身より下半身を温める

冷えた体を温めるのが洋服です。ただ重ね着をするのではなく、冷え性を改善するためそう意識して、洋服を選びましょう。では、冷え性改善のための洋服選びのポイントです。 寒いなあと冷えを感じる時、上半身よりもお腹や下半身が冷えています。地球には重力がありますから、血液の約70%が下半身に集まっているのです。ですから、冷え性を改善には下半身を温めること。これが、ポイントです。 まずは、お腹ですね。お腹を温め...

冷え性の防止にレッグウォーマー

寒い冬、熟睡でないという冷え性の方はけっこう多いと思います。 そこで、快眠・安眠のために簡単で効果的な方法を紹介します。それは、ふくらはぎを温めることです。 そう、足先ではなく、ふくらはぎ。足先の冷え性を予防するには、ふくらはぎを温める方がいいのです。 足先の冷えを解消しようと思えば、どうすればいいかというと血液を冷やさないように、足先まで届けること。当たり前ですが、これが重要なんです。 心臓から...