ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

冷え性の方には、38~40℃のぬるめのお風呂

冷え性を改善にい風呂はいいですよ。
リラックス効果もあるし、体だけでなく心もあったまります。

でも、シャワー派の人も多いですよね。
バスタブに浸からずに、シャワーで済ませる人。
冷え性改善には、やはりバスタブに浸かるのが効果的です。

シャワーも悪いわけではありません。
水圧をかけるとマッサージ効果もありますからね。
ですが、いかんせん体を温める効果は期待できません。

特に、寒い冬。
バスタブに浸かって、体の芯まで温めましょう。

入るお風呂の温度は、少しぬるめがいいです。
熱いお湯が好きという人もいるでしょうし
熱いお風呂の方が、体が温まるような気がする。
そういう人もいるでしょう。

ですが、熱いお風呂は交感神経を刺激します。
刺激すると血管が収縮。
結果どうなるかというと、体の表面しか温まりません。

それに熱いお風呂は、長く入っていられないので
湯冷めしやすいです。
これでは、意味がありませんよね。

冷え性の人は、38~40℃のぬるめのお湯に
最低、15分は入っていたいですね。
ぬるめのお風呂なら副交感神経が働きますから
血管が拡張して、血流が良くなります。

血液の流れを良くすることは、冷え症改善にはいいですからね。

それから、バスタブの中で足の指を開いたり、閉じたり
閉じたり、開いたりするのも効果的。
というのも足の指の付け根には、自律神経の通り道があるからなんです。
足の指を動かすことによって、自律神経が活性化し
血流を良くするのに効果的というわけ。

ちょっとしたことですけど、習慣化して癖みたいになれば
冷え性改善にはいいことですね。

リンク