ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

電気毛布と湯たんぽ、どちらがいい?

寒い冬は、冷え性の人にとって辛い季節です。
冷たい布団では、眠れない。
そういう冷え性の人は、多いと思います。
その寒さを和らげるために、電気毛布を使う人も多いでしょう。

でも、電気毛布は使い方を誤ると健康によくないケースもあります。
もし、今現在、電気毛布を使っておられて、こういった症状はありませんか?
朝、目覚めたとき、熟睡した感じがしない、とか。
なんだか体がだるい、とか。

私たちの体は、就寝中は体温を下げ、エネルギー代謝を抑制します。
脳や心臓などの体を休ませているわけですね。

それなのに、電気毛布を使用して寝ると、睡眠中体温が下がりにくいこともあります。
体温が下がらないと、本来なら休んでいるはずの体が、充分に休めなくなってしまうのです。

このような状態が続くのは、よくありません。
なぜかというと、電気毛布を使用しない時でも
体温がうまく下がらなくなってしまう可能性があるからです。

確かに電気毛布は体がポカポカしてきますが、温かくなりすぎると
必要以上に汗をかいてしまいます。
これは、皮膚にとってもよくありません。

電気毛布をどうしても使いたいなら、就寝前まで電気毛布をつけておいて
布団を温め、寝る時にはスイッチを切ってしまえばいいでしょう。

最近は、省エネということもあって「湯たんぽ」がブームです。
足元に置いておけば、充分温かく眠ることができます。
それに、時間の経過とともに、自然に温度が下がっていくから安心です。

高齢者の方、妊婦されている方、赤ちゃんがいる方。
こういう方には、特に湯たんぽがおすすめです。

今は、ほんといろいろな湯たんぽが売られています。
これなんか、とってもかわいいでしょ。

湯たんぽ自体も鉄ではなく、陶器であったり、プラスチックであったり
いろいろな素材のものが出てるし、湯たんぽ袋も
かわいいキャラクターのものも多いですよ。

リンク