ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

冷え性の人は寝つきが悪い?

冷え性と睡眠。
実は深く関係しています。

人間の体温は、朝の起床前が最も低く、
その後、時間とともに上昇。
夜になると、今度は体温が下がってきて、眠くなるというサイクルです。

何故?夜になると体温が下がるのか?
人間は、体温を下げることによって、基礎代謝を抑え
脳を休ませているのです。

でも、冷え性の人は、うまく体温を下げれません。
何故かというと、体温を下げる仕組みと関係してきます。
体温を下げるには、血管を拡張させ、血液を皮膚の表面に集め、放熱します。
熱を放出することで、体温を下げているのです。
冷え性の人はというと、血液の循環が悪くなっているので
皮膚からの放熱がうまくできないのです。

ですから、冷え性の人は、夜になっても体温が下がりにくいので
寝付きにくい状態にあります。
さらに、冷え性の人は冷えを感じやすいわけなので
寒くて眠れない、ということもありますしね。
心地よい安眠を得るためには、冷え性の改善が大事です。

とはいっても、冷え性を改善するには少し時間がかかります。
では、今、冷え性の人がぐっすり眠るにはどうしたらいいのか?

第1に、寝室の環境。
これ大切です。
快眠するための室温は、18~23℃ぐらい。

寒いから、室温を高く設定しておく。
これダメです。
睡眠前の体温低下が、阻害されてしまう可能性があります。

次にパジャマ。
パジャマは、何でもいいというわけではなく
保温性、通気性に優れたものを選びましょう。

あと、布団ですが、掛け布団にはやはり羽毛布団です。
少し値は張りますが・・・
軽くて、上げ下ろしも楽ですしね。

敷き布団は、クッション性のある羊毛布団がいいですね。

8時間睡眠の人は、人生の3分の1は布団の中です。
それだけ長い時間過ごすのですから、出来れば良質の布団を使いたいですね。

リンク