ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

足の冷え対策のブーツ選び

冷え性の方にとって、一番冷えを感じるのは
やっぱり足先ですよね。
心臓から遠い位置にあるし、冷たい地面に接しているのも足です。

足は、体の中でも血液の循環が悪い場所。
だから、とっても冷えやすい部位なのです。

その冷えた脚先を温めるために
保温性のある靴下やタイツは履いておきましょう。

女性の方は、おしゃれな方が多いので、スカートにストッキングという
足元をスッキリと軽装をしている人をよくお見受けします。
見た目、寒くないのと心配になったりしますが・・・
で、上半身はというと、しっかりコートなどで厚着しています。

これは、いわゆる「頭熱足寒」。
冷え性にとっては、よくないスタイルです。

冷え性の改善を目指すのであれば
逆の「頭寒足熱」というスタイルにしましょう。
足の方を温めることに気を使う方が、冷え性の改善にはいいです。

でも、足元は温かいブーツを履いているから大丈夫ですよ。
そう言われる方もいると思います。
温かいのであれば、それは大いに結構なことです。
ブーツは、確かに保温効果がありますからね。

ただ、ブーツを履くときに注意してほしいのが
あまりヒールの高いブーツを履かない。
足を圧迫しすぎるブーツは履かないということです。

足を締めつけすぎると、血流がを悪くなります。
血流を悪くすることは、冷え性の原因ですから。
ブーツ選びは、そのへんを注意してくださいね。

リンク