ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

冷え性には生姜やネギ、ニンニク、ゴボウ

冷え性と食べ物は、深い関係にあります。
冷え性のあなたの食生活はどうですか?
あまりいいとは思っていないのなら、これを機会に食生活を見直してみましょう。
それば、冷え性改善につながります。

食べ物は、3タイプに分けられます。
体を温める作用がある「陽性」の食べ物。
体を冷やす作用がある「陰性」の食べ物。
どちらにも属さない「中性」の食べ物。
というふうに。

ただ、冷え性を改善するためには、陽性の食べ物だけを食べれば良い
というわけではありません。
バランスを考え、バランスよく食事を摂ることが大切なのです。


体を温める作用があるとされる陽性の食べ物ですが、どんな食べ物があるのか?

陽性の食べ物は、寒い地域で栽培されている野菜に多い傾向があります。
例えば、生姜やネギ、ニンニク、ゴボウなど。
旬の野菜は、栄養分も豊富です。
進んで食べましょうね。

体を冷やす作用があるとされる陰性の食べ物は、陽性とは逆。
暑い地域で栽培される野菜が多いです。
例えば、トマトやキュウリなど。

野菜の食べ方、調理方法ですが、生よりも加熱した方が
冷え性の改善には効果的。
味噌汁や鍋、スープなどがいいですね。

トマト、キュウリ以外の陰性の食べ物として、砂糖や合成甘味料、スナック菓子
それにチョコレートなどがあります。
甘いもの大好きという人は、食べすぎに注意しましょうね。
血液もドロドロになって、血液の循環が悪くなりますから。

甘いものが食べたくなったら、さつまいもがおすすめ。
さつまいもは血行をよくして、体を温かくする効果がありますよ。
冷え性対策には、最適ですね。
ホクホクの焼き芋。
寒い日には、おいしく頂きましょう。

リンク