ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

自覚はなくても冷え性の可能性、冷え性チェック

冷え性には、自分が冷え性と自覚していない「かくれ冷え性」があります。
かくれ冷え性とは、手足は温かいけれど内臓温度の低い人です。
やっかいなのは、自分が冷え性だと自覚していないので
治療・改善が遅れること。

かくれ冷え性の症状として、顔色が悪い。肩こりがひどい。
シミやそばかす、くすみなど肌のトラブルが多い。
手足がむくみやすい。胃腸が弱い。
寝つきが悪く、朝起きるのがつらいなど・・・

思い当たる節は、ありませんか?
思い当たるなら、一度隠れ冷え性を疑ってみてください。

他にも、顔がほてりやすい。
平熱が36度以下の人も冷え性のケースが多いです。
顔がほてるのは、体中の熱が顔に逃げている状態。
平熱が低い人は、基礎代謝が低いので血流が悪く、冷え性というわけ。


隠れ冷え性の確認方法。
朝目が覚めたら、お腹や太ももを触ってみてください。
脇よりも冷たく感じたら、冷え性であるといえます。

太ももとお腹は、熱の生産量が多い場所です。
通常ならば温かいはずなのに、冷たいなら
血液の循環が悪くなっている証拠です。

 

冷え性は、病気ではありません。
生活を改善すれば解消できますが
放置すると、様々な病気の原因になりえます。
油断なりませんよ。

リンク