ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

男性の冷え性と更年期障害

男性が「冷え性」という話は、あまり聞くことは少なく
冷え性というと、女性の悩みって感じです。

冷え症は、無理なダイエットや女性ホルモンが関係していて
確かに、女性の方が冷え性になりやすい傾向にあります。

しかし、近頃は男性も冷え性で悩んでいる人が増加しているのです。


冷え性は、自律神経の乱れと密接に関係しています。
女性が自律神経を乱す原因は、排卵や生理などにより
女性ホルモンが乱れるというケースが多いです。
一方、男性の自律神経の乱れの原因は、ストレス。
ストレスで自律神経を乱すことが多いのです。

最近は女性の社会進出も目覚ましく、一概には言えないのですが
男性は、会社で大きなストレスを抱える人が多いです。
ストレスが続くと、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経には、内臓の働きや体温を調節する機能を
コントロールする役割がありますから
バランスが乱れると、いろいろと体に悪影響を及ぼすのです。

普通なら、冷えを感じると内蔵機能が働き、冷えを解消しようとします。
しかし、自律神経が乱れている状態では、体の機能がうまく作用せず
冷え性になってしまうわけです。

さらに、ストレス下では血管自体も収縮して血流が悪くなります。
これも冷え性の要因ですね。


自律神経の乱れは、冷え性だけに留まりません。
男性の更年期障害の要因になることもあります。

年齢を重ねるごとに、男性ホルモンは減少するわけですが
そこに自律神経の乱れがプラスされるとどうなるか?
体がだるく疲れやすくなったり、眠れなくなったり
性欲が減退したり・・・
そんな症状が現れたりしてきます。
これが、いわゆる更年期障害です。

更年期障害って、60歳ぐらいからでしょ?
そう思われている人も多いと思います。

しかし、最近では若い人でも、更年期障害に悩まされている人が多いのです。
早い人で、30代から。
30代といえば、働き盛りというイメージですが
そういう症状で悩まされている人もいるのです。


特に理由がよく分からない、原因不明の体の不調を感じたら
更年期障害の可能性もあります。
病院で、しっかり検査してもらってください。


 

リンク