ようこそ! 「冷え性の原因と冷え性の改善・解消法」へ

冷え性が原因の頭痛や肩こり

冷え性は病気ではありません。
だからといって、冷え性をそのまま放置しておくと
体にいろいろと悪影響を与えることになりますので
冷え症はしっかりと改善しておきたいですね。

以前にもお話ししましたが、冷え性が与える悪影響として
体が冷え、夜熟睡できなかったり、むくみやめまいなどが
起こることがあります。

さらに、冷え症がひどくなってくると、免疫力が低下。
ひいては、風邪をこじらせやすくなります。

腰痛も冷え性が原因ってこともあるのですよ。
体が冷えると血液の流れが悪くなるわけなのですが、
腰痛はこうした血液の流れが悪いことでおこることもありますし
骨盤の後ろ側にある「仙骨」が冷えて腰痛になることもあるのです。

あと、これで悩まされている人も多いと思いますが
頭痛や肩こり。
この頭痛や肩こりも、冷え性で血液の流れが悪くなっていることが
原因というケースも多いのです。

血行不良なると、疲労物質もうまく排出されません。
すると、体の上半身に疲労物質がたまります。
それが、頭痛や肩こりの原因になっているのです。
頭痛や肩こりが出る前に、冷え性は解消しておきたいですね。


冷え性が原因で起こる悪影響について話してきましたが
次に、冷えが他の病気の症状であるケースについての話です。

貧血
栄養失調
糖尿病
心臓病
心不全
腎炎
卵巣機能障害

これらの病気にかかっている場合も
冷えという症状が出てきます。


どうも、冷え性がひどい。
冷え性対策を実施しているに・・・

というのであれば、上記の病気を疑ってみる必要もあります。
そういった場合は、早めに病院で診てもらいましょうね。

リンク